塗料の塗り方
吹き付け工法
吹き付け工法 従来は、吹き付け工法が一般的な塗り方でした。
吹き付け工法とは、朝から職人さんたちが大勢で大きな霧吹きみたいな機械をセットして、大きな音を出しながら外壁に吹き付け工事をします。

大掛かりな作業のため、「工事金額が高そう・・・」と思われがちですが、手塗りのハケやローラーに比べて一気に塗れるので楽に早く塗れます。
手塗りのハケやローラーだと、どうしても塗った感じが出てしまいますが、吹き付け工法だと均一に塗料がのるので仕上がりがとても美しくなります。

一方で、吹き付け工法は、スプレーのように小さな穴から噴射するので、塗料を水やシンナーでかなり希釈して使います。ローラーで手塗りした場合に比べて塗布量が少なくなりがちなので、塗料の本来の性能が発揮できるよう丁寧に施工します。
また、塗料が拡散するので、近隣の建物やクルマにも塗料がつかないように厳重に養生して、周りに迷惑がかからないような配慮が必要です。

施工がラク(職人目線ですが…)
仕上がりがキレイ

ローラー工法に比べて、耐久性が落ちる。
塗料が飛び散るので、養生がたいへん。
騒音や環境問題が気になる。

ローラー工法
吹き付け工法 最近では、環境問題や騒音対策から、ローラー工法で施工する現場が増えています。
ローラー工法は、原液に近い状態で職人さんが手塗りします。手間はかかりますが、しっかり分厚い膜厚ができるので、吹き付けより耐久性が高いです。

ローラー工法は、使用するローラーの違いから、ウールローラーと砂骨ローラーと2種類があります。
ウールローラーが一般的には使われていますが、傷みのひどい場合やとにかく強い塗膜にする場合は、砂骨ローラー(マスティックローラー)という最も厚膜を作れるローラーを使います。
業者にどんなローラーを使うのか質問してみるのもいいでしょう。


耐久性が高い。
環境に優しい。
塗料が周りに飛び散る可能性が少ない。
職人の手間がかかるので、割高になりがち。



HOMEへ戻る
このページのトップへ戻る
お客様インタビュー
施工事例
さくらリフォームはこんな会社です
これから外壁塗装を検討される方へ既に他社でお見積りを取られている方へ
どうして塗り替えが必要なのか?
最適な塗り替えのタイミングとは?
塗料の種類と特徴
外装リフォームの流れ
塗料の塗り方
塗装してはいけない壁がある?
こだわりの施工技術
おすすめプラン 価格表
失敗しない塗装工事・6つの防衛策
スーパームキコート
ガイナ

さくらへのお問い合わせ・ご相談はこちら
価格限定キャンペーン
アステックペイント〜ひび割れが気になるお客様へ
正しい屋根、外壁診断
さくらの塗装はココが違う!5つのこだわり
さくらの外装リフォーム 施工事例
お客様インタビュー
お問い合わせ後の流れを大公開
お問い合わせ 見積り依頼はこちら
スーパームキコート
ガイナ
メディア掲載・表彰実績
メディアに紹介されました
さくらリフォーム イベント情報
さくらリフォーム イベント情報

株式会社さくら

店舗地図

施工エリア

施工エリア

<大阪> 交野市,枚方市,寝屋川市
       四条畷市,大東市,守口市
       門真市,摂津市,東大阪市
<京都> 京田辺市,城陽市,八幡市
<奈良> 生駒市,奈良市

※車で1時間以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問合せください。


スタッフ積極採用中
RSS表示パーツ

一覧へ

さくらのリフォームサイト